ワガママさがイイ!ギャル系デリに男がハマっちゃう理由

激安風俗ユーザーさんの投稿コラム

ワガママさがイイ!ギャル系デリに男がハマっちゃう理由

トリビア

瀬尾マサト 0 1,117 2018/07/16

ギャルってやっぱり可愛い!筆者は一時期、ギャル系風俗にめちゃハマりしてしまいました。もうそれこそ週に2~3回は行っていたような気がします。なぜそこまでハマってしまったのか?ギャル系風俗、デリヘルのメリットとデメリットをご紹介いたします。

ギャルデリの良い所って?

ギャル系の良い所、それは明るくて楽しいプレイができるという点でしょう。そもそも、ギャルと言われるような子は若いですし、オシャレで自然体なことが多いです。20代であれば同世代同士で仲良くできるし、30代40代ならば「若いパワーを貰える」なんてこともあります。

また、エッチ自体が好き、そういう子が多いのもギャルの特徴です。もちろん、風俗で働く以上はお金を稼ぎたいという目的があります。しかし、ギャルっ子はそれだけでなく、「せっかくなら気持ちよくなりたい」という思いが強いんですね。お仕事のためにただ抜くだけの責めではなく、お客側からも責めてもらいたい。そういう気持ちが強いのがギャル系デリヘル嬢なのです。恋人同士のように親密なプレイを楽しんじゃいましょう!

ギャルデリのデメリット

明るくて自然体な雰囲気がある、それがギャルのメリットです。しかしそれは裏を返すと「礼儀がなっていない」という捉えられ方をしてしまう可能性もあります。ギャルっ子の中には敬語も使えず、生意気でワガママ…そういった子も少なくありません。

彼女らと同年代の男性ならばそれほど気にならないかもしれませんが、40代50代くらいの風俗ユーザーだとちょっと違和感を感じてしまう可能性もあるでしょう。

また、自分の思い通りにならないとか気分が乗らないとサービスが適当になる、そういう子もけっこういます。風俗=プロの性奉仕を味わう場所ではありますが、ギャル店に関しては必ずしもそうとは限らないものです。メリットがデメリットに転じてしまう可能性があることも視野に入れておきましょう。

良いところも悪いところも可愛い!

良い所、悪いところそれぞれありますが、筆者個人の考えとしては「自然体でワガママだからギャルは可愛い」と思っています。接し方次第で甘えることもあれば、壁を作って面倒くさい雰囲気を作ることもある、そんな人間臭さがたまらないのです。

杓子定規な性のプロではなく、人間味溢れる普通の子とのエッチを望む風俗紳士であればギャル風俗を存分に楽しむことができるのではないでしょうか!


文|瀬尾マサト



article image
【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい