ラブホテルに任天堂のゲーム機がある理由

激安風俗ユーザーさんの投稿コラム

ラブホテルに任天堂のゲーム機がある理由

風俗コラム

トリビア

松村鋼太郎 0 1,757 2019/03/19

「ポケモンGO」で世界中の歴史を変えようとしている任天堂ですが、元々京都の花札屋だっただけではありません。そういえば、ラブホテルに任天堂のゲームがあった経験がある人いないでしょうか?実は・・・

ラブホテルを経営していた任天堂

京都で花札やトランプを作っていた任天堂ですが、いきなり初代ファミコンでブレイクしたわけではありません。それまで様々な試行錯誤を繰り返していました。トランプ、花札だけではマーケットは限られますからね。

一般的には「ラブテスター」などのオモチャや「ゲームウォッチ」で電子機器の分野に参入して成功したと言われていますが、実はラブホテルの経営も行っていました。

「こどもたちのためのメーカー」というイメージはここ30年くらいのもので、それ以前は大人の欲望渦巻く世界にいたんですね。

で、そのラブホ経営は失敗したと言われています。ただ、置き土産がありました。

ファミコン、スーパーファミコン専用TV

私が若いときにラブホ、というか連れ込み宿に近い古ーいホテルに泊まった時に(彼女じゃないです。風俗です)、部屋にそれはありました。スーパーファミコンができるテレビなんですね。

えっ、ただテレビにスーパーファミコンをつないでいるだけじゃないの?と思われますが、違います。テレビにスーパーファミコンが内蔵されていると思ってください。

参照URL:http://www.geocities.jp/dcc13579/famicombox.htm


あの昔の旅館の100円を入れると動くテレビにゲームが内蔵されています。で、実はこの内蔵されているゲーム、当時やってみましたが非売品でした。

スーパーマリオやマリオカートがありましたが、微妙に違います。ラブホ滞在時の余興として想定されているため、面が少ないんです。スーパーマリオならば、8-4まであるのがお約束ですが、これは4-4までしかなかったと思います。内蔵されているゲームも10種類くらいでかなり古臭いラインナップです。

ラブホ経営のノウハウ?

ファミコン、スーパーファミコン内臓テレビは任天堂のHPなどでも触れられていないようで、黒歴史なのかもしれません。ただ、ファンの中ではこのテレビにかなりのプレミアがついています。ひょっとするとラブホでプレイされたゲームのデータを何らかの商品に生かしていたのかもしれませんね。

企業に歴史あり、ひょっとすると皆さんが行くラブホにもそれがあったりして・・・。


文|松本鋼太郎



article image
【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

松村鋼太郎

院卒のお堅い丸の内のサラリーマン。日本の裏経済にも精通しているが、そんな特技は一切活かさずエロネタ一辺倒。M気質で健全店でのエロスを追求したがるド変態野郎。

松村鋼太郎のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい