エロ温故知新 ストリップについてちょっと勉強してみよう

激安風俗ユーザーさんの投稿コラム

エロ温故知新 ストリップについてちょっと勉強してみよう

AVコラム

瀬尾マサト 0 965 2020/04/23

時代は移り変わるものですが、時には足を止めて古きものに触れるのも良いものです。様々なエロが溢れる昨今、やや寂れた感のあるストリップについて今回はスポットを当てていこうと思います。

ストリップは古くから存在していた

ストリップの起源というのは実を言うと詳しくわかっていません。古代バビロニアの頃からあったとも言われていますし、各国の神話の中にもストリップ的な要素のある記述が散見されます。女体の美しさや神秘性、踊りの優雅さやトランス的要素といったものは古くから宴会や宗教的な儀式に用いられてきたものなのでしょう。なのでストリップの起源としては人類が文化を持ち始めたのと同時にあったのではないかと推測することができます。

各国の伝説的ストリップ嬢

そんなわけでして、ストリップというのは国や文化の違いに関係なく、世界各地で行われていました。そんな中で近代における有名なストリップ嬢を何人かご紹介しましょう。
フランスではマタ・ハリという女性が1900年代初頭に人気を博していました。宝飾品で飾られたブラジャーや体を魅せるためにセクシーな踊りを披露していたようです。また、胸と股間に三枚の貝殻をつけるという武田久美子の元祖とも言える格好でダンスを踊っていたとも言われています。

ショービジネス大国アメリカではジプシー・ローズ・リーやサリー・ランド、シャーミオンなどが有名です。特にシャーミオンは空中ブランコの上で徐々に衣服を脱いでいくというアクロバティックなストリップショーで一世を風靡したようです。

日本ではどうだった?

日本ではアメノウズメの岩戸踊りが有名ですよね。神話のころよりストリップが行われていたことが伺われます。近代においてはアイドルストリッパーとして多くの観客を魅了した美加マドカや、元祖オナニークイーンとして有名な清水ひとみなどが挙げられます。いずれも1980年代に活躍したストリップ嬢で、古くからのファンであれば懐かしい名前なのではないでしょうか。

1990年代以降はAVからストリップ嬢に転身するというケースが多くなり現在にいたります。今ではもう斜陽なエロ産業となっていますが根強いファンもいて、まだ都市部では集客もあるようです。

エロ文化が幅広くなり、昔ほどの隆盛がなくなってきたストリップ。しかし、古くから裸で踊る女性というのは多くの男たちの心を掴んできました。ストリップの文化はこれからも残っていってほしいものですよね。


文|瀬尾マサト



article image
【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい