池袋にあった風俗ではなく電車内痴漢プレイができたお店

激安風俗ユーザーさんの投稿コラム

池袋にあった風俗ではなく電車内痴漢プレイができたお店

松村鋼太郎 0 12,796 2019/12/12

今はもうないお店ですが、池袋に電車内痴漢プレイができるお店がありました。私の先輩が好きで、金曜の夜などに「松村君、電車乗って帰ろう」と誘いがありました。「電車に乗る」というのは痴漢プレイをしようということの隠語です。このド変態が!

痴漢できるお店

場所は池袋ですが風俗店ではありません。風俗街にある「それっぽいお店」ですらなく、少し離れたところの地下にあります。一見すると普通のカフェで、事実営業許可はカフェでとっていたようです。10年近く前のお話ですが、当然ながら摘発されてしまいました。今はカレー屋になっています。

山手線を再現した完全痴漢システム

店内には何と車両を模した部屋があり、そこに入って痴漢をします。面白いのはシステムで、山手線をイメージしていて、大崎〜池袋までの音声が完全再現されています。「次は新宿〜新宿〜」もそのままです。どこで録音したのでしょう。

大崎〜池袋までの12駅11区間を実際に走っている体で痴漢をしていきます。駅につくと次の女性の後ろへチェンジします。駅-駅の距離は一定ではないので、ある女性に痴漢できる時間にはばらつきがあります。好みの女性に痴漢できる区間(時間)が短かったという結果もあります。池袋につくと終了。外で待っているお客と交代です。大崎〜池袋で5000円だったと思います。

シュールな痴漢プレイ

店内(社内)では適当な距離を開け、他の男性が視線に入らないように配慮がされています。とはいえ、大の男がかりそめの電車内で触っている姿はシュール極まりないです。会話しながら触っている人も、黙々と揉んでいる人もいます。何かの儀式みたいですね。

ちなみに触っていいのは下着まで。指入れなどは禁止でした。「痴女」もいて向こうから股間をまさぐってくるというシチュエーションも経験できました。ペニスを出すことは厳禁なので手コキ、射精はありません。でも、本当の痴漢ならそういう人もいるのでは?

オプション「指名乗車」

大崎〜池袋間を何周かすると「指名乗車」の時間になります。指名乗車とは追加料金(5000円)を払うことで、もう1回、今度はずっと特定の女性と大崎〜池袋間で痴漢できるというものです。

ただし条件があり
・他のお客と希望が被らない(被ったら抽選)
・女性がNGではない(本当に嫌な男性は拒否できる)
の場合に指名乗車できます。

指名乗車したところでできる限界は決まっているので私はほとんどしなかったと思います(先輩はいつもしていました)。

結局風俗ではないので・・・

このお店、HPを見ると「求人」ではなくボランティアに近い形で女性を募集していました。実際にカフェとしても機能しているので(電車に乗らないで飲食だけで帰るのも可)、店員として働いている子が人がいないときに「乗客」にさせられたこともあったようです。

ひょっとすると内部から告発があり摘発につながったのかもしれません。やはり触らせるならば相応の報酬を払わないとダメなんだな〜と今さらながら思ってしまいます。


文|松村鋼太郎



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

今年もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。


2023年1月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから6151人登録(女性は919人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから2044人登録
3位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから818人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1345人登録
5位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い
6位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから238人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

松村鋼太郎

院卒のお堅い丸の内のサラリーマン。日本の裏経済にも精通しているが、そんな特技は一切活かさずエロネタ一辺倒。M気質で健全店でのエロスを追求したがるド変態野郎。

松村鋼太郎のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい