男性機能鍛錬道場

2018年 06月 05日

401

アパレル業界の深い闇!華やかな世界の裏側とは?風俗嬢・キャバ嬢を量産

チャン小林(アダルトライター)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.onacs.net/
 

EGKDIIXT.jpg


華やかなイメージがあるアパレル業界。渋谷、原宿、新宿などには沢山のお店があります。洋服を売るショップ店員は、一般の女性達から憧れの存在であったり、中にはカリスマと呼ばれる女性もいるのです。しかし、外から見たら華やかに見える世界であっても、実は夜の世界とも深い繋がりがあります。

雑誌やモデルにも着用されている某ブランドのショップ店員の多くは、日中は洋服を売り、夜はキャバクラや風俗で働く場合があるのです。なぜ、ショップ店員とは別に夜の世界でも働かなければいけないのでしょうか。

給料が低いことが原因!?

実際に20代前半をアパレル会社で働いていたのですが、業界全体的に給料が低いことが大きな要因になっています。手取りで15万前後は当たり前とも言われているのです。

しかも、働いているブランドの商品を身につけなければならないことが多く、少ない給料から強制的に買わされるケースもあります。そういった状況の中で、夜の世界で働く道を選ぶ女性がいることは不思議ではないのです。

若者に大人気ブランドの裏側

若者に人気がある某有名ブランドは、キャバクラも経営していることから安い給料で、ショップ店員として働かせ、希望者は経営しているキャバクラでも働くことが出来るようになっていました。倍率が高い人気ブランドに入社した女性達には、辞めるという考えよりも、どうにかして有名なショップ店員になろうと考えるのです。

そして、過去に取引先で行ったキャバクラでは、女性全員が取引先のショップ店員であった経験もあるほどなのです…。


文|チャン小林


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


蒲田ダイヤモンド
快楽天国・スローハンズ
アジアンビーナス
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

チャン小林(アダルトライター)

実家は風俗店を長年に渡り経営。最強の風俗遺伝子を受け継いだフリーライター。世界の風俗を愛する、未だ中二病から抜け出す事ができないバツイチ。

チャン小林(アダルトライター)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店