男性機能鍛錬道場

2018年 08月 09日

25

【風俗太郎・ファッションヘルス編1】全てはここから始まった〜風俗面接・採用・刺激的な日々〜

風俗太郎

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.bijyuku.com
 

RMSKNZTS.jpg

20年前に大阪スポーツ新聞の求人広告を見て刺激的な風俗人生を歩み始めた風俗太郎です。


当時勤めていた会社が倒産の憂き目にあい次の仕事を探すまでのあいだの腰かけ感覚でとりあえず探した仕事が店舗型ファッションヘルスのスタッフの仕事でした。

プロレスが好きだった私は当時毎日大スポを購入していました。

20年前と言えばファッションヘルスの全盛期です。

大スポにも紙面全面風俗広告が所狭しと並んでいます。

もちろん若かった私もファッションヘルスに遊びに行ったことありました。

面接に行こうと思ったお店にも遊びに行ったことがあると言うより

遊びに行ったことがあったから面接に行こうと思ったのです。


当時はまだまだ風俗といえば怖いイメージがありました。

※今でもそうなのかな!?業界にどっぷり浸かっている私にとっては今となっては怖いイメージねんて全然ないんですが。。。


知らないお店に面接行くなんて怖くて行けませんでした。


遊びに行ったことがあって店内の様子がわかってるだけでも安心感がありました。


ドキドキしながら電話をかけると

スタッフ「いつ面接来れますか!?」

風俗太郎「いつでも大丈夫です」


スタッフさん電話口を塞ぎながら

「店長男子スタッフの募集の電話かかってますがどうします!?」


スタッフ「それじゃ明日の15時に履歴書持って面接きて下さい。場所はわかりますか!?」


場所わかるハズです。遊びに行ったことあるんですから!


風俗太郎「はい!ありがとうございます。明日よろしくお願いします」


翌日お昼過ぎそろそろ面接へ行く準備をしなければいけないのですがなかなかその気になりません。

やはり不安感が過ります。


その時、電話が鳴りました。


お店からです。


スタッフ「今日の面接15時から17時に変更になりますが大丈夫ですか!?」

風俗太郎「はい大丈夫です」


この一本の電話が運命の分かれ目でした。


この一本の電話がなければおそらく面接には行かずに私の運命は大きく変わっていたことでしょう!


勇気を振り絞って!?面接に行きました。

遊びに行ってた時はスタッフさんのことなど意識していなかったのですが実際に面接に行って面接担当者と面と向かうとけっこう厳つい感じです。


だって黄色いWのスーツにベルサーチのネクタイなんですがら(笑)


そんな恰好している人間なんてそれまで身の回りにいませんでしたから(笑)


面接はスグに終わりました。


いつから来れるのか!?



身分証明書は持っているのか!?


要はこれだけです。


最初の質問には

風俗太郎「いつからでも大丈夫です」

2つ目の質問には

風俗太郎「免許証があります」


スタッフ「それじゃ明日からきて下さい」


面接即採用です。


この瞬間から非日常的な刺激的な日々が始まるのでした!


文│風俗太郎


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


蒲田ダイヤモンド
快楽天国・スローハンズ
アジアンビーナス
東京射精管理倶楽部

このコラムを書いた人

風俗太郎

店舗型風俗勤務15年その後デリへル経営5年。その間に面接した女性3000人以上。実技講習した女性1200人以上。研修と称して遊びに行った風俗店200軒以上。表風俗から裏風俗まで幅広く精通しています!

風俗太郎

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店