男性機能鍛錬道場

2017年 06月 16日

17

ピンサロにアカリ 5話「黒服・タカユキ」

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.m-emperor.com/
 

OMJWUKKQ.jpg

ナイトワークの世界は、おおむね予定調和で動いているような気がする。
お客さんを喜ばせるには、接客の流れを頭の中で計算していなければいけない。
嬢や黒服と雑談をする時には、当たり障りのなさそうな言葉を選んでおけば波風が立たない。
どちらのシーンでも、わざわざイレギュラーな言動を突っ込んで、その流れを乱す必要はない。

お客さんたちの唾液まみれになった身体で、所属店の黒服とデートをするという一連の流れも、また予定調和だったりする。
最終的には、ホテルに泊まりセックスをするだろう。
そんなことはお互いに分かっているのに、どちらもそれをはっきりとは言い出さない。

予定調和はあくまでも予定であって、確定していることではない。
それが現実のものになる時点までは、男と泊まることもセックスをすることも、ただの予定でしかないのだ。
その曖昧さが、私の気分を盛り上げていく。

予定調和の始まり。

メールで指定された場所は、道玄坂をのぼったところにあるカフェ。
私は何食わぬ顔で店を出て、電車に乗り渋谷まで来た。
タカユキさんは店の締め作業を終えてから、タクシーで向かってくる、予定である。

伝えられていた予想時刻に20分ほど遅れて、タカユキさんはやって来た。
「おまたせー。スマンね、これでも急いだんだけど。」
「大丈夫ですよー。おなか空きました。ビール飲みたい。」
「いやー、スマンね。居酒屋だ、居酒屋。」

ここではまだ手をつないだりしない。
せっかくの曖昧な予定が、確定に近づいてしまうから。
予定調和の上で過ごす時間を長引かせ、ギリギリまで楽しむために、まだまだ手をつないだりしてはいけないのだ。

「はっかいさん?」
「日本酒。飲めないの?」
「日本酒って飲んだことない。」
「あらあら、子どもじゃのう。」
「…飲めます。子どもじゃないし。」
「無理しなくてもいいぜー?」

カウンター席では、身体同士の距離を取らなくてはいけない。
手のひらひとつ分ぐらいの間隔を空けたまま、私たちは横並びに座っていた。

ビールを三杯ほど、それと一口の「はっかいさん」を胃に落としたところで、少しだけ眠たくなってきた。
時間の経過に比例して、手のひらひとつ分あったはずの隙間が徐々に消えていく。

あと、ほんの少し。

タカユキさんの左手が、自然に腰に触れた。

「眠くなってきた?」
「うん。今日さ、忙しかったよね。」
「な。お疲れ。頑張ったな。」

このタイミングで頭を撫でてくるなんて、百点満点の反則だ。

「寝るか?」
「うん、寝る。」

幸いにも今日は平日だから、きっと円山町には人が少ないはず。
ただの予定が確定に変わる瞬間まで、あとほんのちょっと。
これだから、予定調和は便利で仕方がない。

口元が緩んでいることを悟られないように、うつむきながら身を預けた。


文|カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

日暮里ダイヤモンド
快楽天国・スローハンズ
アジアンビーナス
美女専門メンズエステ+エロ e-body

このコラムを書いた人

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気連載シリーズ。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店